歯周病でお悩みの方へ | 歯周病治療・予防歯科専門サイト

歯周病でお悩みの方へCURE FOR PERIODONTAL DISEASE

歯周病とは?

テレビなどでも良く耳にする「歯周病」。
名前は知っていても、どういう病気かを正確にご存知の方は、実は少ないのではないでしょうか?

昔は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていたこともありますが、現在では歯周病と呼ぶのが一般的です。
歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯茎の境目(歯周ポケット)の清掃が上手くいっていないと、そこに多くの細菌が棲みつき、歯垢(プラーク)が蓄積されていきます。
歯垢(プラーク)1mgの中には約1億もの細菌が棲みついており、この時点で既に歯茎の縁が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりします。
ほとんどの場合痛みはないので、自覚症状はほとんどありません。

この状態が進行してしまうと、歯周ポケットがどんどん深くなっていき、歯を支えている土台である「歯槽骨」が溶けて歯がグラグラしてきます。
そのまま放置しておくと、最終的には歯を失ってしまいます。

歯周病はひどい口臭の原因ともなり、エチケット上の問題も発生します。

また、歯周病菌は腫れた歯茎に出来た傷口などから容易に血管内に侵入して全身に回ります。
血管に入った細菌は身体の免疫機能で死滅するのですが、歯周病菌の死骸が持っている内毒素はそのまま残ります。
近年の研究により、この内毒素が狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクを高めることが分かってきています。

なぜ細菌が原因に?メカニズムの説明

人間の口腔内には300種類を超える細菌が存在します。
これらの細菌は歯や歯肉などの表面に付着していますが、歯みがきを怠ったり、糖分を過剰に摂取したりすると、ネバネバした物質を作り出し、菌同士が集まって集落のようなものを作ります。
これが良く知られている「歯垢(プラーク)」です。
歯垢は粘着質で水に溶けない性質を持っているため、うがい程度ではなかなか落ちません。
歯垢1mgの中には1億もの細菌が棲みついていると言われています。
細菌は口腔内の糖分を利用して、酸を出します。

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌が原因となって歯茎に炎症を引き起こし、放置しておくとどんどん進行して歯を支えている骨を溶かしていく病気のことです。
歯垢(プラーク)はそのままにしておくと唾液や血液などからカルシウムを吸収してどんどん硬くなり(石灰化といいます)、歯石と言われる物質に変化して歯の表面に強固に付着します。
この歯石の中や周りにさらに細菌が入り込んで、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

虫歯と歯周病では原因菌の性質が違います

虫歯も歯周病も歯垢(プラーク)内の細菌感染が原因で起こりますが、実はそれぞれの細菌はタイプが異なります。

虫歯の原因菌となるのは好気性菌といって、空気に触れる歯の表面部分で活動し、繁殖します。
主に歯肉縁上プラーク(歯茎より上側で歯の表面についている歯垢)の中に棲みついている細菌です。

歯周病の原因菌は嫌気性菌といわれ、空気のないところでよく繁殖する菌です。
歯肉縁下プラーク(歯茎の下に出来た歯周ポケットに入り込んだ歯垢)の中に棲みついている菌であり、空気に触れない歯周ポケットの中で繁殖して歯周病を悪化させます。
歯肉縁下プラークは歯茎の下に入り込んでいるため、普通に歯みがきしただけではキレイに落とすことが出来ないのがやっかいな点であり、予防歯科で口腔内クリーニングを行うことの重要性がお分かり頂けると思います。

さらに悪い事に、歯肉縁上プラークに比べて、歯肉縁下プラークの中には毒素の強い物質を作り出す悪玉の菌が多く、全身に悪影響を及ぼしやすいことも分かっています。

歯周病は治る病気なのでしょうか・・・?

確かに、昔は「不治の病」とまで言われていました。
しかし、現在では予防も治療も可能です。
大切なのは予防です。
予防歯科を積極的に利用することで口腔内を清潔に保ち、さらに生活習慣を見直して歯みがきなどの日常ケアをしっかりと行うことが何よりも大事です。

歯周病が疑われる症状が既に出てしまっている場合には、早急な診断と治療が必要です。
そして、治療が終わったらその後のメンテナンスがとても大事なことになってきます。
歯周病の原因は歯垢(プラーク)ですから、まずは歯垢を溜めない、増やさないことが基本中の基本です。

歯周病の一般的な治療方法

症状の重さにより異なってきますが、歯周病治療はおおよそ次のような流れが一般的です。

歯周ポケット(歯茎と歯の境目)まで入り込んでしまった歯垢(プラーク)・歯石を完全に除去し、さらに根の表面を滑らかにして、炎症を引き起こす原因細菌を徹底的に除去します。

「スケーラー」という専用の器具を使用して歯冠部や歯周ポケット内の歯垢や歯石を取り除く「スケーリング」という治療法や、「ルートプレーニング」と呼ばれる、歯根部セメント内に入り込んだ毒素を除去して歯肉が再び付着しやすいように歯根表面をなめらかにする治療などを行なっていきます。

細菌によって傷んでしまった歯茎・骨を治療して、健康な状態に戻していきます。

口腔内を清潔に保つため、歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメンテナンスを定期的に受けます。

歯周外科治療について

なるべく外科手術は行わないように治療しますが、重度の歯周病には手術が必要になる場合もあります。
ここでは歯周外科手術において一般的な「フラップ手術」をご紹介します。

歯周組織の破壊が進むと歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)がどんどん深くなっていきます。
歯周基本治療であるスケーリングやルートプレーニングでは歯垢(プラーク)や歯石を除去できず、歯周炎が進行してしまう場合には、歯周ポケットの深さを減少させる必要があります。

「フラップ手術」は残った歯周ポケットが4mmを超えるような場合に行います。
局所麻酔をかけて歯肉(歯茎)を切開し、歯周ポケット内の歯根が見えるようにして、歯周ポケット内に残った炎症性組織を除去します。
さらにスケーリングやルートプレーニングなどを行なって、歯垢(プラーク)や歯石を取り除きます。

その後、必要がある場合は歯槽骨(歯を支える骨)の整形を行い、歯肉(歯茎)を縫い合わせます。
抜歯は大抵の場合約1週間後です。
手術に要する時間は、対象となる歯の本数にもよりますが、約1~2時間程度です。

フラップ手術の利点は、歯周ポケットの奥深くの病巣を直接目で見て確認して徹底的にきれいに出来ることです。
しかし、既に破壊された歯周組織を元に戻すことは出来ないので、手術後は歯肉(歯茎)が少し下がってしまう場合があります。

あくまで手術は最終手段と考え、この段階まで至らないために日々のケアや予防歯科での治療を行うことが何よりも大事です。

  1. 歯周病でお悩みの方へ