予防歯科とは | 歯周病治療・予防歯科専門サイト

予防歯科とは?WHAT IS PREVENTIVE DENTISTRY?

自分の歯を一生使うために歯周病対策を!

歯を失う原因のNo.1である歯周病。
近年の研究では、歯と歯茎の隙間にできる「歯周ポケット」の傷口から歯周病菌が血管内に入り込むことにより、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性も指摘されています。

一度歯周病にかかってしまうと、自然治癒は期待出来ません。
放っておくと歯肉(歯茎)や歯を支える骨組織がどんどん破壊されていき、最後には歯を失ってしまうことになります。
初期の頃には自覚症状が少ないため、自覚症状が出てくる頃には重度のステージまで進行していることがほとんどです。

このように怖い病気である歯周病ですが、防ぐことが出来ます。
歯周病は細菌の塊である歯垢(プラーク)が原因となって生じる疾患です。
つまり、細菌が増殖する原因である歯垢(プラーク)をお口の中に溜めないようにする、溜まってしまった場合でも定期的に予防歯科でキレイに除去することにより、虫歯や歯周病を防ぐことが出来るのです。

口腔内の健康を保ち、虫歯や歯周病を未然に防ぐ歯科医療のことを、「予防歯科」といいます。

予防の基本は歯垢(プラーク)の除去です!

毎日歯をみがいていても歯周病になってしまうケースが少なくありません。
近年の統計では、毎日歯をみがく人の割合は95%以上となっていますが、90%以上の人が虫歯になり、80%以上の人が歯周病にかかっているという怖い数字が出ています。

歯をみがいていても歯周病になってしまう・・・。
なぜなのでしょう?
実は、毎日丁寧に歯みがきをしていても、口腔内のすみずみまでを完全にキレイにするのはとても難しいことなのです。

奥歯の裏側や歯と歯の隙間など、歯ブラシが届きにくい部分にはどうしてもみがき残しが出てしまいます。
みがき残しは日々蓄積されて歯垢(プラーク)となり、歯垢は唾液や血液からカルシウムを取り込んで硬い歯石になります。
歯石化してしまうと、日々の歯みがきで除去するのは大変難しくなります。
その歯石に上にさらに歯垢(プラーク)が重なっていき、さらに歯石化して・・・といった悪循環が発生して、お口の中はどんどん不衛生になっていきます。

歯垢(プラーク)1mgの中にはなんと1億もの細菌が含まれています。
この細菌は口腔内の糖分を栄養として酸を出します。
この酸で歯や歯を支えている骨がどんどん溶けていきます。

口腔内を健康に保つには、この悪循環をどこかで断ち切る必要があります。
予防歯科で定期的な口腔内クリーニングを受け、また効果的な歯みがき方法の指導を受けることがとても大切です。

日本歯周病学会会員医師が行う予防歯科・歯周病治療

日本歯周病学会は、歯周病を克服することにより自分の歯を一本でも多く残すことを目的として、1957年に設立された学術団体です。
会員総数は現在約8,000人に達しています。
大学の臨床講座の会員以外に、基礎講座及び開業歯科医の会員、それに加えて歯科衛生士の会員比率が多いことが特徴であり、このことは歯周病という疾患の原因、病態や治療法の多様性を強く反映しています。

円山北2条歯科では日本歯周病学会会員であり、認定医である医師が予防指導と治療にあたっております。
エビデンス(治療の根拠となるデータなど)が低い治療法は使用せず、高いエビデンスに基づいた治療法でしっかりと治療を行なっています。
気になる症状が出ている方は、放置せずに早めにご相談下さい。

円山北2条歯科で行う予防歯科
【削る診療】から【削らない診療】へ

近年の様々な研究の成果により、虫歯や歯周病は「細菌による感染症」だということが分かっています。
そして、正しい知識を身につけ、正しいメンテナンスを行っていれば、この細菌感染は未然に防ぐことが可能なことも分かっています。
この事実に伴い、歯科治療も従来の「悪いところを削る」という方法から「予防に重点をおいて削らない診療」へと大きく変化しています。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌や歯周病菌は存在しないことをご存知でしょうか?
虫歯菌や歯周病菌は、周りにいる大人から感染してしまうことが多いのです。
お箸やスプーンの使い回しなどにより、口腔内の細菌が大人から子どもの口腔内に移動してしまうことが原因です。

口腔内を清潔に保ち、自分の歯を健康に長く使うためには、治療をするために歯科医院に行くのではなく、予防をするために歯科医院に通うという意識がとても大事です。
費用をかけ、痛い思いをして治療することもなく、一生を自分の歯で健康に過ごすことが出来ます。
入れ歯になってしまうまで治療を繰り返すことに比べると、はるかに健康的だと思いませんか?

1.

まずは虫歯や歯周病の検査をします

まずは既に虫歯や歯周病にかかっていないかどうかをしっかりと診察していきます。
虫歯や歯周病を治さないと予防歯科治療を行うことは出来ないからです。

必要に応じて「唾液検査」を行うこともあります。
唾液を調べることで口腔内に棲みついている細菌の数を知ることができ、虫歯や歯周病にかかりやすいタイプかどうかを判別することが出来ます。
タイプを判別することで、より効率的な予防歯科治療へと繋がります。

2.

歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)をしっかりと除去・PMTCの勧め

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略語であり、「プロが専用機器を使って行う歯のクリーニング」を指します。
専用機器を使用し、プロがすみずみまでクリーニングすることで、歯垢(プラーク)・歯石や着色汚れだけではなく、歯と歯茎の隙間に出来る歯周ポケット内にあるバイオフィルム(細菌の棲家)までをキレイに取り除くことが出来ます。

汚れやバイオフィルムを取り除いた後は、細菌や歯垢(プラーク)が再び付きにくいように歯の表面を磨いてジェットパウダーでツルツルに仕上げます。
さらに、菌が出す酸に対して歯の表面を強くするためにフッ素塗布を行います。
ふだん歯ブラシで念入りにみがいているつもりでも、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、歯の表面にある細かい溝といった場所のヨゴレをキレイに取り除くことは困難です。
みがき残しは歯垢(プラーク)となり、さらに口腔内のカルシウムを取り込んで(石灰化)歯石となります。
放置しておかないで、一度歯科医院でクリーニングをしてみて下さい。
お口の中がここまでキレイになることに驚くと思いますし、ここまで汚れていたということにも驚かれることと思います。

3.

生活習慣も大事です!

予防歯科の治療を受けていても、毎日の歯みがき習慣をおろそかにして良いわけではありません。
口腔内を清潔に保つための基本は、やはり毎日の歯みがき習慣にあります。

しかし、ただ一生懸命に歯みがきするだけでは、効果は限定的です。
「効率の良いみがき方」がありますので、歯科医師がしっかりと指導いたします。

また、食事の取り方、おやつの食べ方、そして歯をみがくタイミングなどの生活習慣も口腔内の健康に大きな影響を持っています。
口腔内が健康であればしっかりと噛むことができて顎の骨の健康を保つことにも繋がり、顎の骨と咀嚼筋(ものを噛む筋肉)のバランスが良ければ、全身の健康にも良い影響を与えます。
少しの工夫で虫歯や歯周病にかかりにくくすることが出来ますので、患者様の生活習慣をヒアリングしながら、生活習慣のアドバイスを行なっていきます。

これらの治療を必要に応じて組み合わせ、患者様にとって最良の結果を導き出すのが予防歯科治療とお考えください。
一生使う歯の健康のため、身体全体の健康のため、定期的な予防歯科治療を検討してみて下さい。

  1. 予防歯科とは?